2021カレンダー FACE~動物園で生きる~
2021カレンダー FACE~動物園で生きる~
2021カレンダー FACE~動物園で生きる~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 2021カレンダー FACE~動物園で生きる~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 2021カレンダー FACE~動物園で生きる~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 2021カレンダー FACE~動物園で生きる~

2021カレンダー FACE~動物園で生きる~

通常価格
¥1,600
販売価格
¥1,600
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

動物園で逞しく生きる、表情豊かな動物たちの姿を活写した学術的価値も高いカレンダー。思わず会いに行きたくなります。

【仕様】月めくり、14枚、紙穴フック
【撮影】勝倉 崚太
【寄稿】成島 悦男
【協力動物園】天王寺動物園、長崎バイオパーク、群馬サファリパーク、よこはま動物園ズーラシア
【掲載動物】シセンレッサーパンダ、ブラジルバク、アフリカスイギュウ、アムールヒョウ、コモンリスザル、ユーラシアカワウソ、ライオン、フランソワルトン、ホッキョクグマ、カピバラ、ケープハイラックス、マレーグマ、ホワイトタイガー、チャップマンシマウマ

勝倉 崚太(かつくら りょうた)
1978年東京生まれ。2003年より雑誌を中心に活動する。作品制作としては個人的なものと歴史や時代という公的なものを結びつけることをテーマにしている。フランス、オーストリア、韓国など国内外にて作品を発表している。動物好きが高じて、全国の動物園を巡り、動物園だからこそ見られる動物の姿を撮影している。現在、東京工芸大学芸術学部写真学科准教授。